【日本橋店】知ってましたか?

知ってましたか?

普段使われていシャンプーの成分ってご存知でしたか?

避けたほうがよい成分は?まず一番覚えておいて欲しいのが、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。石油系合成界面活性剤のひとつで、表示指定成分(※)ですが、まずこの一つを避けるだけでも、約90%の悪いシャンプーを避けることができます。また、同じ石油系のラウレス系(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなど)の界面活性剤が、成分表示の上のほうに来るものも避けたほうが無難でしょう。

何故避けたほうがよいの?これらの界面活性剤は、洗浄力が強すぎるため、頭皮や髪そのものに必要な脂質まで取り過ぎてしまいます。皮膚に残りやすく、毛根などに悪影響をおよぼすことも。パーマやカラーのくり返しなどで傷んでいる現代人の髪は、髪を守っているキューティクルがはがれたり、ささくれたりしているので、髪の内部の栄養が抜けやすくなっています。そこに洗浄力の強いシャンプーを使うと、シャンプーするたびに髪の傷みが激しくなることに。また、カラーの色あせが早くなる、パーマのウェーブがだれるなどのデメリットも。健康な髪への第一歩は、トリートメントより、まずシャンプーを変えることです。

多くの方が何気なく購入され使われていたと思います。シャンプー、トリートメント、リンスなどはやはり香りで選んでいる方が、多いと思います。香りも重要かもしれませんが、より良いものを使って髪の毛も頭皮も健康にしていく事はより重要です。みなさんもシャンプー選びしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。