【日本橋店】悩ましい乾燥肌

悩ましい乾燥肌

秋から冬にかけての時期で常に悩ましいのが乾燥肌です。この時期は暖房などで空気が乾燥し、肌(皮膚)の表面はカサカサし、ざらつきが目立ちます。何も対策せずに放っておくと、症状が悪化し、あかぎれ、ひび割れ、フケといった見た目でも判断できるような状況となり、場合によっては痛みが出たりしますので注意しましょう。

また、乾燥肌になった場合は、見た目や痛み以上に悩ましいのが肌(皮膚)の「かゆみ」です。内側からチクチクとするなんとも表現しがたい「かゆみ」は、患部だけでなく、乾燥肌の進行状況によっては全身に及ぶ場合もあるくらいです。1年のうちでも、湿度が下がり空気が乾燥する主に寒い季節特有の皮膚疾患ですので、早めの予防対策を行い、この時期を乗り越えるための準備をしておきましょう

乾燥肌の原因って何?

乾燥肌になる原因は、大きく分けて2通りあります。一概には言えませんが、先天的(遺伝)なものと、後天的(加齢やシャンプーなど)なものとがあります。

乾燥肌の後天的原因とは

後天的なものが原因となっている乾燥肌の場合は、高齢化、加齢による皮脂の低下、あるいは刺激の強いシャンプーなどを過度の使用によって過剰に皮脂を取り除き肌荒れや炎症の原因となっています。

当店では、市販されているラウリル硫酸ナトリウムを主成分の刺激の強いものは使わず、ラウレス4酢酸ナトリウムを主成分とする「Re:シリーズ」の刺激の少ないシャンプー剤をお客様に合わせて5種類からお選びして使用しております。ご安心くださいませ。また、ヘッドスパなど頭皮環境を整えるメニューも多数ご用意しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

本日も銀座マツナガ日本橋店をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。