【新宿店】何気無い細かい仕事

何気無い細かい仕事

見てくださいこの完璧な包装。
先日某本屋で買った本です。
継ぎ目が殆ど目立ちません。
他の本屋で買った本は継ぎ目が荒く出ていてそっからすぐ破り開ける事が出来きてしまう包装ですがこの本の包装は爪が長く無いと開けれない程完璧に継ぎ目がありません。
本の包装をしている作業を暫く眺めていた事があってその時に包装する人によってばらつきがある事は知っていたのですがこの本を包装した人はきっと拘りを持って包装しているのだなと思いました。

我々床屋業にも通ずる所があるので気付く人が居ない所であっても拘りを持ってどんな小さな仕事もこなさないとなと思わされました。気付く人は気付きますから、、、

この本屋のファンになってしまったのでまた足を伸ばそうと思います^ ^